生活習慣とニキビの悪化の関係性

MENU

ニキビを治すには睡眠習慣を整える事が大事です。なぜなら、睡眠中は成長ホルモンの生成が盛んになり、その成長ホルモンによってターンオーバーが整い、肌のダメージが修繕されていくからです。

 

成長ホルモンの生成量が特に多くなるのはPM10時〜AM2時くらいので、この時間には可能な限り寝ておいてください。

 

それが無理でも日付が変わるまでには寝て、1日6時間程度は睡眠を確保するようにしてください。

 

また、当然ですが個々人でベストな睡眠時間は違いますので、自分が健康に過ごせる睡眠時間を把握しておきましょう。それがそのままニキビ・ニキビ跡のケアにも繋がります。

 

どれほど有力なケアをするにせよ、とにかく睡眠が第一です。夜更かしの習慣がある方は、まずそこから改善していきましょう。

 

 

また、食習慣の改善により、ターンオーバーを整える事も大事です。食事と睡眠は同じくらい大切です。栄養の調和が取れた食生活を送りましょう。

 

以下の栄養素は特に大事です。

 

ビタミンA:新陳代謝を整える働きがある
ビタミンC:コラーゲンの生成を盛んにする働きがある
たんぱく質:皮膚を作る際に重要な栄養素である

 

ビタミンCが豊富な食材:緑黄色野菜、果物等
たんぱく質が豊富な食材:大豆系の食べ物、貝、魚、卵等

 

 

逆に以下の栄養分は、ニキビ発生・悪化させやすいので取り過ぎないようにしましょう。

 

・糖分
・脂肪分

 

もちろん「完全に」絶つ必要はありません。
「控えめに」していくことが大事です。

生活習慣を見直してニキビ跡の改善を目指す!

生活習慣を見直してターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)を正常にすると、ニキビ跡やニキビをケアする事が可能です。ターンオーバーが正常になれば、邪魔な角質が取り去られやすくなりますし、老廃物やメラニンも除去されやすくなります。

 

生活習慣が乱れてターンオーバーが異常になると、皮膚環境が悪くなります。
ターンオーバーのサイクルは約4週間なので、このサイクルを整えましょう。
そのためにも、以下の事に気を付けましょう。

 

・睡眠習慣

 

皮膚環境を良くするにはきちんと睡眠を摂る事が大事です。眠っている最中は成長ホルモンの生成が盛んになり、肌の状態が整っていきやすいからです。
成長ホルモンの生成が特に盛んになるのはPM10時〜AM2時くらいなので、この4時間にはきちんと寝ておきたいものです。
それが無理でも、日々一定の時間に寝起きするようにすれば、成長ホルモンの生成は盛んになります。

 

・食習慣

 

まずはたんぱく質をきちんと摂って、ターンオーバーを正常にしていきましょう。たんぱく質は皮膚をはじめ、身体の色々な部分を作り上げてくれます。

 

そして、各種ビタミンもきちんと摂取しましょう。

 

たんぱく質:肉、魚、乳製品、大豆系の食べ物
各種ビタミン:人参、茸、南瓜、海藻類、ナッツ系の食べ物、鉱水、鰻

 

・運動習慣

 

ターンオーバーを正常にするには、運動で代謝をアップさせる事も大事です。

 

・ストレスケア

 

ストレスが溜まると皮膚が荒れやすくなります。上記の運動等でストレスを適度に発散させましょう。

 

・紫外線ケア

 

ニキビ跡(ことに炎症性色素沈着が引き金のもの)が存在する場所が日焼けすると、治癒しにくくなります。ファンデを使ったり、サングラスをかけたりして紫外線ケアをしましょう。